国際識字デー

1965(昭和40)年、イランで開かれた世界文相会議で軍事費の一部を識字教育に回すことを提案した事を記念しユネスコが制定しました。識字とは、文字の読み書きが出来るという意味。