宝くじの日

1967(昭和42)年、第一勧業銀行(現在のみずほ銀行)が、当選金の引換もれ防止を目的として、「く(9)じ(2)」の語呂合わせから制定しました。