防災の日

1960(昭和35)年、1923年に発生した関東大震災を教訓に災害に備え、防災意識を高める為に制定しました。